作品名

税務大学校

設計

久米設計

受賞

所在地

埼玉 関東地方

竣工

1998年

カテゴリ

文京施設

概要

寮棟、厚生棟、体育館棟、研修棟、階段教室棟、事務展示棟などの建物で構成された、税務に携わる人の研修施設キャンパスである。学業の場であると同時に、寮で寝起きする学生たちの生活の場ともなるため、快適な環境で勉強できるように、キャンパス全体の照明を計画した。

夜間の学校は、光が消えると人の気配が感じられない寂しい雰囲気になってしまう。特に、キャンパスの中心である広場は、夜間使用されない研修棟と階段教室棟に囲まれているため、暗くなることが予想された。そこで、広場に面したロビーや階段室の照明は、屋外照明の一部として考え、夜間も学生の往来がある時間までは点灯させることにした。

光の色については以下のように計画した。昼間の活動が主体の場所は太陽光に近い白色光、夜間の活動が主体の場所は白熱灯の色に近いあたたかみのある光色とした。つまり、教室内や事務室内などは白色光、寮室や食堂などはあたたかみのある光色となっている。そして、これらの空間をつなぐスペース、たとえば研修棟や階段教室棟のロビーなどは、光の色も中間色とし、徐々に光の色を変えることによって違和感を感じさせないようにしている。

正面エントランスは大きな門などがなく、樹木の植えられた公園のようなプラザとなっている。エントランスは道路の交差点にあるため、樹木とその背景にある建物の吹抜部を照らすことによって道行く人からよく見える。税務大学校という堅苦しさを感じさせない外観となった。